CASE STUDY OF

HAIR KITCHEN Branding

ROLE: CREATIVE DIRECTION, ART DIRECTION, VIDEO & STILL PRODUCTION

DELIVERABLE: VIDEO, KV, SOCIAL ASSET, TAGLINE, CREATIVE GUIDELINE, ILLUSTRATION

DATE: AUG 2021

「HAIR KITCHEN」はSHISEIDO PROFESSIONALより誕生したサロン向けの新ヘアケアブランド。日本国内を中心にアジアマーケットにおいて、髪、環境、社会への優しさと、高い効果感を両立した新しいブランド。野菜や果物から天然由来の成分を抽出し、一人ひとりに最適なレシピを作り出すことができるラインナップを展開。monopoでは、タグライン、ブランドストーリー、ブランドフィルム、キービジュアル、ソーシャルアセットなどを担当。

INTRO

HAIR KITCHENはB2B2C(Business-to-Business-to-Consumer)のビジネスモデルで、サロン専売のため、エンドカスタマーのみならず、サロンのオーナーにも認知や好意形成をとっていく必要がありました。
そのためサロンオーナーに向けたアプローチと、最終的に届くカスタマーへのアプローチの両軸で考える必要がありました。

APPROACH

今回のプロジェクトの鍵となったのが、B2BとB2Cそれぞれに対してのコミュニケーション方法を考えるワークショップの実施です。

B2Bワークショップではサロンオーナーを想像するため実際にサロンの方にご参加いただき、B2Cではエンドカスタマーを理解するために、あらゆる部署の方にご参加いただきワークショップを行いました。

ワークショップでは、共通の指針となるペルソナ像を作りあげ、そのペルソナが普段とっている日常の行動をグループで考えました。その結果できあがったいくつかのペルソナとカスタマージャーニーを基に、コミュニケーションアイデアを話し合いました。

STRATEGY

ワークショップを経て、サロンオーナーもエンドカスタマーもヘアケアに関する情報はインスタグラムから収集しているという仮説が立ちました。インスタグラム上でのコミュニケーションにフォーカスし、コミュニケーションアセットを制作しました。

KEY VISUAL

プロダクトの力によって、髪の毛だけでなく、心にも良い影響をもたらせるような印象を作りあげました。また天然の野菜や果物のそのものの力強さや美しさをビジュアルに落とし込み、ナチュラルなプロダクトのイメージを作り上げました。

Credits

Client: SHISEIDO PROFESSIONAL

Our role: Creative Direction, Art Direction, Video & Still production

Account Executive & Producer: Kensuke Tanaka (monopo Tokyo)

Art Director: Takayuki Yokoyama (monopo Tokyo) & Sumie Yamaguchi

EN Copywriter: Aya Apton

JP Copywriter: Ryoko Kataoka (ADK)

Project Manager: Clara Blin (monopo Tokyo), Ayumu Kurashima (& Supply)

Video

Video director: Kyotaro Hayashi (DRAWING & MANUAL)

Cameraman: Hideaki Hamada

Lightman: Nagisa Miyazono

Hair Make: Ikuko Shindo (SHISEIDO)

Stylist: Ayano Nakai

Prop Stylist: Tomoko Kanda

Producer: Hiroki Goto (amana)

Production Manager: Yuta Takei, Hiroto Ebisawa, So Watanabe (amana)

KV

Photographer: Masato Moriyama (TRIVAL)

Hair Make: Ikuko Shindo (SHISEIDO)

Stylist: Kazuhiro Nagai (mahna mahna)

Prop Stylist: Tomoko Kanda

Retoucher: Taku Yamamoto (mosh)

Producer: Hiroki Goto (amana)

Assistant Producer: Yuri Asakura & Yuta Takei (amana)

Social Asset

Photographer: Masato Moriyama (TRIVAL)

Prop Stylist: Tomoko Kanda, Sumire Ito

Retoucher: Taku Yamamoto (mosh)

Production Manager: Yukiko Kubota (monopo Tokyo)

Related projects

We should work together!